<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カナダ留学の準備におすすめ
スペクテイター〈19号〉
スペクテイター〈19号〉 (JUGEMレビュー »)

ちょっとマニアックなカナダ情報。コアなバックパッカー向けです。お好きな方はぜひ。
カナダ留学の準備におすすめ
English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate
English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate (JUGEMレビュー »)
Raymond Murphy,Miles Craven,Brigit Viney
カナダに行く前に、「英語で英語を勉強する」ことに慣れておくといいでしょう。これは私が通っていたESL、Langara Collegeの先生オススメの文法本。レベルがいろいろあるので自分にあったものを選びましょう。
カナダ留学の準備におすすめ
B16 地球の歩き方 カナダ 2008~2009 (地球の歩き方)
B16 地球の歩き方 カナダ 2008~2009 (地球の歩き方) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
旅行本としてはおすすめしませんが、ビザ・航空券・服装などの基本情報として活躍します。
旅行情報は現地でツーリストインフォに行きましょう!一番あてになるし、英語の勉強にもなります。
国別ビジター
free counters
携帯でも見られます
qrcode
広告

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2014.02.04 Tuesday  | - | - | - | 



Can I order?

インドに行った時に英語を間違えて悔しい思いをした話です。

デリーの空港で香港へと向う便を待っていたときのこと。
時間がかなりあったので、余っていたルピーをどうにかして使いきろうと空港内にあったSubwayでサンドウィッチを買うことに。

スタバとかでもそうなんだけど、田舎者の私はチョイスが盛りだくさんのものを注文するのが非常に苦手。
もちろんSubwayなんか食べたいけど買いたくないっていう感じ。
でも他においしそうな物がなかったので思い切って買うことに。


カウンターの前で迷っていると、後から後から人がやってきて注文していく。
インドでは並んで順番を待つというルールはあまり通用しない。
カウンター内には若いお兄ちゃんが3人と、レジ係のおっさんが一人。


思いっきり注文するタイミングを逃した私は、お兄ちゃんが前の客をさばくのを辛抱強く待っていた。
日本人的に、つい相手のことを考えて待ってしまう私は、他の客にどんどん横入りされていた。


そこにようやく訪れたチャンス!
一人のお兄ちゃんが客にサンドウィッチを渡し終わった。
今を逃したらインドでSubway を食べることは一生ないに違いない。
注文するタイミングを待ちに待った私の口から出た英語は・・・


「Can I order?」


「Yes, of course.」
と答えたお兄ちゃんの横で、他の二人が何やら小声で話して笑っているのが目に入る。


そりゃ〜注文できるよね。
そういうところだもん。


かなり日本語的感覚の英文だったわ・・・。
「Can you take my order?」
が正解かしら?


後悔先に立たず。
でもこうやって生きた英語が身についていくんです。
と自分に言い聞かせてます。


そんなこぼれ話でした。
この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2009.02.26 Thursday 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 帰国後のこぼれ話 | 



国際電話に備える


KDDI 国際モバイルトーク
 と言うのをご存知だろうか。
携帯から海外にかける際に、頭に001を付けると通話料が安くなるというサービスだ。事前に登録をしなくてはならないというひとてまがかかるが、登録自体は無料でできる。




2008年の正月休みにカンボジアを旅した時、トゥクトゥクのドライバーと仲良くなって電話番号を交換した。日本に戻り数日たったぐらいに、そのドライバーから電話がかかってきたのだが、仕事中で着信に気づかずあとでかけ直した。


ま、そんなに長く話さないだろうと思い、国際電話のプリペイドカードを買うまでもないやと、そのまま携帯からかけ直したのだが、いかんせん英語が母国語でない者同士のため、なかなか話が終わらない。


面と向ってしゃべっていると、相手の言っていることがわからなくてもジェスチャーなどでカバーしたり、なんとなく笑ってごまかしたりできるのだが、電話となるとそうはいかない。


理解できないから何度も繰り返し聞いたり、話しを切り上げるタイミングがつかめず同じ会話を何度も繰り返したりと、なんだかんだで20分もの長話になってしまった。


もちろん、あとで携帯の請求書を見て貧乏人の私に戦慄が走ったのは言うまでもない。



そんな事件(?)があったため、このKDDI 国際モバイルトーク に登録し、携帯のプレフィックス設定を001−010 に変更して不意のInternational call に備えているわけです。



ちなみに、これはあくまでも突発的な需要に備えているだけです。
普段国際電話なんてかけることのない、そしてカード類を増やしたくない私向けです。

実際この後に活用したのって、台湾人の友達が日本に遊びにやってきた時に少し使ったぐらい。
2009年のインドの旅では携帯番号ではなく住所交換だったしね(笑)



頻繁にかける、もしくは長話するのがわかっている、という人は、プリペイド式のもっとお安いところがあるのでそちらを調べてください。
最近は保証金を払えばクレジットカードで使った分だけ後払いというのも可能なようです。

VIVAPULS
Brastel

(探せばもっと安いところもありますが、クレジット払いのことを考えて大手のみ掲載してます)
この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2009.03.15 Sunday 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 帰国後のこぼれ話 | 



 | 1 / 1 PAGES |