<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カナダ留学の準備におすすめ
スペクテイター〈19号〉
スペクテイター〈19号〉 (JUGEMレビュー »)

ちょっとマニアックなカナダ情報。コアなバックパッカー向けです。お好きな方はぜひ。
カナダ留学の準備におすすめ
English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate
English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate (JUGEMレビュー »)
Raymond Murphy,Miles Craven,Brigit Viney
カナダに行く前に、「英語で英語を勉強する」ことに慣れておくといいでしょう。これは私が通っていたESL、Langara Collegeの先生オススメの文法本。レベルがいろいろあるので自分にあったものを選びましょう。
カナダ留学の準備におすすめ
B16 地球の歩き方 カナダ 2008~2009 (地球の歩き方)
B16 地球の歩き方 カナダ 2008~2009 (地球の歩き方) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
旅行本としてはおすすめしませんが、ビザ・航空券・服装などの基本情報として活躍します。
旅行情報は現地でツーリストインフォに行きましょう!一番あてになるし、英語の勉強にもなります。
国別ビジター
free counters
携帯でも見られます
qrcode
広告

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2014.02.04 Tuesday  | - | - | - | 



インターンシップ 3日目

なんだかだんだん慣れてきた。
昔取った杵柄がお役に立ってますよ。
品出しの仕事をゲットしたのでただ立って客待ち(しかもHelloと言う為だけ)してるだけじゃなくなった。
まかせてくださいよー。毎日やってましたから、日本で、8年ほど。


それにしても落ち着いて店の様子を観察して見るとなかなかおもしろい。
みんなそれぞれ分担がきっちり決まっていて自分の担当外はほぼやらない。
まあ暇で気が向いたりするとやってるけど。


私は挨拶係なので入り口付近をなわばりとしてるんだけど
シューズ担当はシューズしか接客しないし
試着室の鍵とかは(常に鍵がかかってて、勝手に使えないようになってる)服担当しか持ってないから
もしお客さんに聞かれたら服担当を探す旅にでなければならない。


品出し係りも別にいるし、売り場レイアウト変え係りもいる。
キャッシャーはマジでレジカウンターから外に出ないしね。


マネージャーは何人かいてレジ周りでしゃべってるかバックルームでしゃべってるか売り場でしゃべってるかのいずれか。
まあでもいつも忙しそう。いろんな人に呼び出されて。


日本てチームワーク主義というか、全員で補い合いながらやることが多いけどこっちは逆。
そりゃまあ人手が足りなかったら少し助けたりとかもしてるけど根本的にね。


お客さんにしてみれば、だれがどの担当かなんてわかんないわけだから目に入った人捕まえて聞くじゃない。
だからみんな自分の担当外のこと聞かれるとまず第一声が


「I don't know.」



でもお客もお客でそんなの慣れてるのか、「何だこの店は!ぷんぷん!」なんてのは特にないんだよね。


店が店なら客も客。



カナダって素敵。
この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2005.09.28 Wednesday 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | インターンシップ | 



インターンシップ 総括っ

さて、インターンシップが昨日で終了しました。

特に誰とも仲良くなってはなかったので(ごめんなさい)
さりげなく去ってゆこうと思いつつ
ほめ上手なマネージャーと話してたら少し涙ぐんじゃったりね。

カナダ人は、本当にささいなことでもすべてほめてくれます。
日本の教育もこうでありたいですね。


終了したので明かしますが、メトロタウンにあるSportchekという
お店で働いておりました。

日々売り場で品出し作業に励むかたわら、
たまにお客さんに話しかけられて一人てんぱって
他のスタッフに助けを求めに店内をかけずりまわるのが仕事(笑)

しかも担当スタッフ捕まえても英語でうまく伝えられないから
結局身振り手振り、最終的にお客さんがもう一度説明、みたいな。


話すのが苦手で他のスタッフとはほとんどしゃべってなかったので
英語の上達はほぼしてないと思われますが、気づいたことや体得したことは何点かあります。


まず、カナダ人は愛想がいい(笑)
あの目が合ったときの笑顔は小さな頃から鍛えられてきた条件反射です。きっと。
すごく感じの悪いスタッフも何人かいたんだけど、それでも目が合った瞬間にニコって。
その後の仏頂面への戻りの早さといったらないけど(笑)


あと、"How are you?"から始まる(始まらない場合もあるが)ミニ世間話。
この4週間で少しばかりなれました。

目が合ったらまず笑顔。

"How are you?"の問いかけに"Not bad, and you?"の返答。
(FineとかNot badまではとっさに答えられるんだけど、その後が今までは出てこなかった。言おうとしたころには相手は遥かかなたに行ってしまってて(^^;)


つたない英語でもこっちが聞けば答えてくれるしね。
聞かなかったらすれ違って終わるけど。


カナダ人の習性というか、そんなのもわかった。
お客さんの行動が日本と違う。
だから接客方法とかも違ってくる。


接客中でも平気で他のスタッフと他のことしゃべったりするし、
平気でお客さんを待たせるし。(彼らなりに急いでるけど)
売り場で何か食べたりとか普通だし。


お客さんもお客さんで、そんなこと気にしないし、
わからないことは自分から速攻聞いてくる。


それでも実力主義だから売り上げに応じてコミッションが入る。
セールスのスタッフは結構必死。


私は基本的に服売り場のお手伝いという感じだったんだけど
自分の担当エリアで接客していたお客さんをあの子にとられた、とか
それなりに小競り合いもあったり。


売り場の外に処分品を出していて私は時々見張り番としてそこに発ってたんだけど、そこはフリーエリアらしく、お客さんが買いそうな雰囲気だったりすると中からだれかがやってきて接客を始める。
これ早い者勝ち。

ここは空島だと思ったね。実際。(ワンピース参照で)



話がいつものようにそれましたが、そのほかにはバンクーバーの住みやすさを改めて感じたり。


お客さんに話しかけられたうち、半分はネイティブじゃないアクセント。
ほとんどしゃべれない人なんかもちらほらいたし。

だからネイティブの人にはそれが当たり前。
いろんな国からやってきているから、いろんなイントネーションや独特な癖なんかも知っている。


だから英語の上手い下手は全然関係ないんだよ、バンクーバーって。
そんなことよりも、会話を楽しむとか、思ったことをはっきり伝えるとかの方が重要。
だから英語あんまりなお客さんだって普通に話しかけてくるし、スタッフは何言ってるのか理解いろいろゲスるし。


私のような小心者のみなさんに一言アドバイス。
向こうが自分の英語を聞き取れなくって聞き返してくるとき、
「何言ってるの?」みたいな感じで言われてハートブレイクしてしまい
そこから会話意欲がほぼ0になってしまう方、

あれは別に怒ってるわけでもなんでもありません。
(シアトルで行った某ショップの店員の態度の悪さはこれには当てはまらないけど)
こんなことは彼らにとって日常茶飯事。
ただ単純に聞き返しているだけです。

ここでへこたれて声が小さくなったりすると、今度は本当に「何言ってんの、こいつ?」状態になるのでとりあえず笑顔で言い通しましょう。

これで通じた時には向こうも笑顔です。きっとね。


中国系のおじさん、おばさんのお客さんを見て学びました(笑)
彼らは強い。



まあこの他にもいろいろと思うことはあったのですが、
どうも上手く説明できないので以上ということで(^^;



あ、ひとつ無念だったのは、サブマネージャーのインド人のおじさんに
あのターバンについていろいろ聞きたかったけど聞きそびれてしまったこと(笑)



ちなみに今Sportchekではスタッフ募集中。
ワーホリの皆さん、英語がある程度話せるのならトライしてみる価値ありかもですよ。
バックヤードで品出し係りとかもあるし。

何より私が黙々と働いていたので日本人に対する好印象が残っている、かも(笑)

秘訣はレジュメ渡す時は笑顔で。
この記事は参考になった!、と言う方はポチっとお願いします♪  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 人気ブログランキングへ

2005.10.22 Saturday 23:19 | comments(3) | trackbacks(3) | インターンシップ | 



 | 1 / 1 PAGES |